玄米とは、精米していないお米の事。お米には、米ヌカの部分(表皮・胚芽)に約95%白米ではの栄養分が含まれています。白米だけを食べている人は、みすみす95%の栄養を捨てているわけです。
注目すべき点は「玄米は生きている」という事実。白米は水に浸けたり、まいたりしても腐るだけ。玄米を水に浸すと発芽するのです。

玄米には、カルシウムに食物繊維、微量ミネナルなどさまざまな栄養バランスが含まれています。炭水化物やたんぱく質は白米とそう変わりませんが、血液をつくるのに必要なビタミンB群や鉄などは、白米に比べ豊富に含まれています。
完全栄養食品と言われるゆえんですね。

しかし、ネットで見ると玄米のメリット・デメリットについて多く語れています。

そこで、玄米のメリットとデメリットとは?知らないと後悔するそれぞれの注意点4つ!
を書き出してみました。

■玄米のメリット
ビタミンが豊富で肌がキレイになる
・血糖値の上昇を抑制する
・脂肪分解酵素を活性化する
①便秘解消
食物繊維が白米の6倍。食物繊維が腸内で水分を吸って排便を促します。
②美容効果
玄米には「Yオリザノール」という成分が含まれているため血糖値を下げるとともに、良く噛まないと呑み込めないため、ダイエット効果があると言われています。
③食養生におすすめ
玄米には、ビタミン・ミネナルが豊富で、栄養バランスが素晴らしい食品です。
生活習慣病や糖尿病の予防になると言われています。
➃アンチエイジング
人間も酸化し錆びて行きます。老化現象の主な理由が肌のサビ。肌のしわがきりな、シミが増えてきた。そんな症状が加齢とともに現れてきます。
玄米に多く含まれる、ビタミンEには強い抗酸化作用があり、それらを防いでくれるのです。

■玄米のデメリット
①フィチン酸が他の栄養素の吸収を阻害する可能性があると言われています。
玄米の胚芽の中にはフィチン酸を分解するという酵素(フィターゼ)があります。
もっとも、これについては科学的に検証されていて、心配しなくてもよさそうです。
フィチン酸には、抗酸化作用のある物質があり、活性酸素の生育を抑えたり貧血を予防する効果があるとされています。
みそ汁に旬の野菜をたっぷり入れて食べると健康食になります。

②残留農薬が多い
昔ほど、農薬は使用されていませんが、残留農薬は怖いですよね。
残留農薬が一番多いと言われるのは「モミ」の部分。玄米は、そのモミの部分の中身です。
残留農薬が心配でしたら、農薬不使用の玄米をおすすめします。

③消化に悪い
胃腸が弱い人、胃腸の疾患時は控えるべきだと思います。
食事時間が取れない方や早食いの方には、お勧めできません。
よく噛んで食べる。40回を目安に噛んで欲しいですね。

➃不味い
玄米の炊き方をご参考にしてください。
自然塩をひとつまみ入れて、炊くと甘味が出て美味しくなります。
玄米炊飯の裏ワザ
米1合に対してヨーグルト小さじ2を加えたら、よく混ぜまて、しばらくたったらスイッチオン。ふっくらもちもちになりますよ~。

■玄米入門
やはり、白米に比べて玄米はたべにくい。
そこでおすすめしたいのが「分づき米」
玄米からヌカを取っていく段階に応じて、3分づき、5分づき、7分づきがあり、いずれも胚芽やヌカを含んでいるため、栄養が高く食べやすくなっています。まず、7分づきに挑戦され徐々に精米比率を落として試されてはいかがでしょうか。