お客様の声

  • しじや食堂の秋武政道さんから、いただきました。
    296641_275403209165688_885409552_n
    これはね、いつも思うことなんだけど、ほんとに「ご飯(米)がおいしい」 ということぐらいしか、私たち弱者には戦える場がないとつくづく思う。
    炒めたり、ケチャップかけたり、カレーかけたりだったら、 ある程度は許させるかも知れんけど、白い飯で食べてもらうときには、 やっぱりご飯をおいしく出す。ここにしか、道はないのではないかと思うくらい。
    だって、飲食店としての経験の浅い私の会社では、メニューを工夫したり、 職人級の刺身なんて無理。でも、だからといって他の激安ランチ合戦に くわわっていたんでは、店が長続きしない。
    どんな食堂でも、レストランでも、職人でも、おばちゃんでもできること。 それは、おいしいご飯を炊き、ホッカホカを出すこと。ここが生命線だと思う。
    だって、私だって、色々な食堂に行くとき、「ご飯のウマい店」は、やっぱり 心に残る。そして、やっぱり子供たちに、まずは「おいしいご飯」を、 知ってもらえるような店でありたいと思う。「飯がウマいか?まずいか?」
    定食屋はご飯が命なのです。「だから、梶谷さんは、私のそんな戦いを土台から支えてくれる お米屋さんとして、信頼して御付き合いさせていただいています。
    いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。 いい飲食店をどんどん育ててください。」
    じじや食堂店主
  • 若松区在住 平川様
    死ぬ前の最後の晩餐~なに食べたい?
    と問われたら迷わず
    「炊きたてご飯のおにぎり!」
    と答えます。なによりのご馳走です。当然のことながら「美味しいおにぎり」は
    お米が美味しくなくちゃ美味しいおにぎりにはなりません!わたしが梶谷米穀店を選ぶ理由~
    「冷めても美味しいおにぎりが食べたい!」といえば、
    それに適したお米を選んでくれます。

    昔ながらの街のお米屋さんは、どんどん無くなっているような気がしますが、
    梶谷米穀店は繁盛!繁盛!

    なんでだろね?
    梶谷米穀店に聴けば大丈夫!
    みたいな、長年培われた信頼感があるのかもしれない。

    大好きな「おにぎり」からはじまったご縁で我が家は梶谷米穀店さんのお米です。
    料理によってお米を使い分ける智恵もお米マイスターの店主「梶谷」さんに教えて頂きました。
    食の豊かさの奥の深さを「お米」を通じて感じています。
    お米って大事!ごはん大好き♪
    平川様

  • お米の梶谷様 安全で美味しいお米が食べたくて!
    サイトを見て直接お店に伺っいました。
    早いもので梶谷さんにお勧めのお米を選んで頂く様になって8か月です。いつもつきたての新鮮なお米をありがとうございます。
    ふっくらツヤツヤに炊けた白ご飯!

    最近パン中心だったおばあちゃんや子供達が、
    「いつものご飯と違う、甘くて美味しい〜お腹もへらんし」とご飯党になり、
    卵や納豆をかけたりしながら朝ご飯をしっかりと食べる様になりました。

    お腹いっぱいになって、毎日元気に笑顔で家を出ます。
    梶谷さんにお米を選んで頂いて、安心してお米が食べられる様になり本当に良かったと思っています。
    これからも楽しみにいていますので、オススメの美味しいお米をどうぞよろしくお願いします。

    森川様

    八幡西区在住 森川様