皆さん、こんにちは。
お米マイスター【梶谷米穀店】の「かじや のぼる」です

昨日は、土づくりのお話をしましたが、腸も全く同じなんです。

免疫力を高めるには、腸内細菌を増やす事。腸にある細菌がつくる寝床(集落)はとても美しく、ギリシャ神話の花の女神の名称をとって、「腸内フローラ」とも呼ばれているんです。
とっても神秘的ですね。

微生物は土 1グラム中に10 億個も住んでいることが判っています。
そして、微生物の中の有益な働きをする菌群が植物や他の多くの生命にとって、小さいながらもなくてはならない重大な存在なのです。

私たちの腸内には 300種類、100 兆個、重さにして 1キログラムの腸内細菌が存在するといわれています。この中には有用菌や悪玉菌がいますが、その種類や数は人によって違い大きな個人差があります。
近年の研究ではその腸内細菌叢(腸内フローラ)によって免疫能力が変化してくることが解りました。つまり人体の健康の度合いは、この腸内菌のバランスが重要な役割を果たしています。

私たちが生きていく為には、毎日、食事という形で、様々な栄養素、水分を摂ることが必要です。そして、腸で分解・消化・吸収された「栄養分」を、「酸素」とともに、「※血液(血流)」にのせて、60兆個といわれる、体の隅々までの「細胞」に行きわたらせることで、命をつないでいます。

それでは、腸内細菌を増やす方法

1、良く噛むこと
2、発酵食品を食べる!漬物、味噌には「麹菌」がいますので、これらの発酵食品を食べると、腸内細菌の増加につながります。

3、カラダを冷やさない
4、食事を工夫し、腸内細菌を減らさない!加工食品などの“食品添加物の多い食品”は避けましょう。
というのも、“保存料などの食品添加物入りの食べ物を摂取すると、腸内細菌が減るかもしれない!”といわれているからです。
5、潔癖になりすぎない!腸内細胞を増やすためには「土壌菌」を取るとよいという意見があります。
土壌菌とは、いわゆる土の中に存在する微生物のことで、この菌を取り入れることで、腸内細菌が増えるといわれています。土の上を裸足で遊ぶのが一番。

写真は、ネットよりお借りしました

腸2
今日も、良いことがありますように。

———————————
「ご飯を食べれば、笑顔になれる!」
「ご飯を食べれば、元気になれる!」
日本人の命の源は、やっぱりお米。

玄米・お米通販の梶谷米穀店