【ごたくの多いラーメン屋】

福岡の味として筆頭に上げられるのが豚骨ラーメン。お昼になるとあちこちのラーメン屋で、ラーメン+ご飯、ラーメン+炒飯の注文が見受けられます。

豚骨ラーメンの発祥は久留米で、火にかけたまま忘れて出汁(だし)を濃く取り過ぎたことがきっかけだとか。まさしく失敗は成功の母だったわけです。
何度か久留米まで出向いて、いろいろな店で食べてみましたが、いちばんは「沖食堂」でした。辛子高菜を乗せるともっとおいしくなりました。「モヒカンラーメン」という店も有名で、開店と同時に2時間待ちだそうです。次に行くならここですね。

さて、『昔ながらの味』と看板を出している店で食べた時のこと。味が???だったので、なぜこの味なのかと率直に尋(たず)ねたら、カウンターの奥から「昔ながらの味ですよ」との返事。店内のあちこちに、昔の写真や創業者の理念も貼ってあります。ああ、どうりで客がいないはずだ。
「御託(ごたく)はいいから、もっとおいしいラーメン出してよ」。そう言ってやろうと思いましたが、黙って店を出ました。


(川原藤楽空)