米屋珈琲

米屋珈琲 米だ珈琲

【何故米屋珈琲なの?】

日本人の主食であるお米の消費量が減少していることをご存じでしょうか。この米離れの現状を変え、ニッポンのお米を応援するため、さまざまな楽しみ方を見つけて日本の主食であるコメを見つめなおしてほしいと思います。
記憶や思い出とともにおいしいごはんを食べることは、とても大切な習慣ですよね。
この国は、 瑞々しい稲穂が実る「瑞穂の国」
約三千年という米づくりの歴史とともに、 米は日本の食の中心となり、日本の米文化を支えてきました。
ごはんには、先人の知恵が詰まっており、ごはんは日本全国どこにいってもおいしく食べらる工夫がされてきました。携帯する工夫も。食文化は、願いや祈りや思い、マナーから礼節など、あらゆることを網羅しています。だから、ごはんを通して、伝えられることがあると思っています。 次世代に残さなきゃいけない文化なんだと思います。
.
その一環としての「米屋珈琲」
お米のように日常に溶け込む、おいしい玄米のお飲み物をお届けしたくて作りました。

本当はね、米だ珈琲と名前つけたかった。

【米屋珈琲とは】

コーヒーと名前が入っているだけでコーヒーは全く入ってないのです。 厳密に言うと玄米だけで作ったコーヒーのような味の”濃い玄米のお茶”ですね。玄米だけをじっくりと焙煎してつくる、それが「米屋珈琲」なのです。
味わいは、コーヒーのような苦味もありますが、お米のもつ甘さ、香りがあります。

それでいて玄米茶とも違い、コーヒーでもない紅茶でもない。
まったく新しい飲みものでありながら、どこか懐かしい味わいのある飲むとほっと安心できる。
それが「米屋珈琲」。
.
米屋珈琲とは、玄米を遠赤外線でじっくりと焙煎し、黒焼きにしたものです。
自然の物を丸ごと黒く焼いて食する「黒焼き」用法は、古くから日本の民間療法としても使われてきました。黒焼き玄米は、古く漢方の世界で、様々な病気を改善する妙薬として用いられた歴史があります。黒焼きにすることで、玄米の栄養はもちろん、あらたに玄米ポリフェノールやミネラルなどが生まれ、身体の芯からぽかぽかに温め、炭の吸着力と相まって、体内の大掃除をしてくれます。
.
マクロビオティックでは、通常のコーヒーは陰性ですが、玄米珈琲は陽性で、体を温めるのに役立つと言われております。ぜひ栄養たっぷりの玄米コーヒーをご自宅でお楽しみください。ノンカフェインですので、妊娠中の方にもおすすめです。
.
焙煎メーカーの方も、こんなに甘くて上品なコーヒーは初めてと絶賛

玄米焙煎したことにより、健康維持や栄養補給など多くの効果が期待できると言われています。また、特にカリウムは白米の約3倍の含有量を誇ります。老若男女、たくさんの人に飲んでもらいたい飲み物です

玄米コーヒーの効果は、代謝UP、ダイエット、美肌に効果があると口コミで言われています。

「低GI値食品」として血糖値を抑えるとされることで有名な玄米ですが、コーヒーとして飲んでも効能は失われないとされています。

【使用玄米】

創業昭和四年長きにわたり米屋一筋の当店が選び抜いた
熊本県山都町岩下さんの農薬不使用米を使用


ここの棚田は山間地域の中でも最上流部に位置し、東は太平洋、西は有明海に湧水・雨水が流れ、熊本県と宮崎県との境で標高560m。寒暖の差が大きく自然豊かなとても綺麗な分水嶺の水を使った米作りをしています。
除草剤は一切使わず、機械や手押し除草をし、安心・安全なお米作りをしています。

【こんな方におすすめ】
ノンカフェインなのでお子様からご年配のかた、授乳中・妊娠中の方も安心してお飲みいただけます。
・カフェインを飲むと眠れなくなる
・妊娠中でも飲めるドリンクを探している
・身体に良いものを毎日摂取したい
実は玄米には豊富な栄養素がバランスよく含まれているものの、消化吸収しにくいというデメリットがありました。

しかし玄米コーヒーは焙煎・粉末化して作られているため、玄米そのものよりも栄養を吸収しやすいという特徴があります。

.

【おいしい米屋珈琲の淹れ方】

おいしい玄米珈琲を淹れるために必ずやっておきたいのが、「蒸らし」です。初めに玄米珈琲に少量のお湯を、そっと乗せるように注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませてから、20秒ほどそのままにして蒸らします。
注ぐお湯理想的な温度は90℃前後が適温で、2分15秒かけるのが美味しさのポイントです。

粉の中心から、小さな「の」の字を描くように、お湯を3回に分けて優しく注いでください。
「美味しくなぁ~れ」と、つぶやきながら淹れるのがコツです。

お客様の声

・最初お湯を入れた時、コーヒーをイメージしていたのに、香りが別物で戸惑いだましたが、一度飲むと次回も飲みたくなる美味しさです✨
・飲んでいるうちに、意外とクセになるおいしさ。飲んだ後もおいしさが残りました
・味もコーヒーと全然違いますが、コーヒーのような香ばしさと豊かなコクが味わえます。
・コーヒーといえばコーヒー、玄米茶といえば玄米茶、本当に不思議な味わい。

飲んだ後も美味しさが残ります。

 最初お湯を入れた時、コーヒーをイメージしていたので香りが別物で戸惑いだましたが、一度飲むと次回も飲みたくなる美味しさです✨
 コーヒーといえばコーヒー、玄米茶といえば玄米茶、本当に不思議な味わい。
 ハマる人にはピタッとハマるんでしょうね。

・パッケージのデザインがホントに可愛らしいのですが、プロのデザイナーが考えたのですか?

あのキャラクターがホントに可愛くて、力が抜けてリラックス出来ます。
T シャツが売ってたら買うかも…笑
・ 玄米の香ばしさが素晴らしいです。
深みがあり、コーヒーとは別物で健康志向の方々にも受けそうですね。
・創業70年の老舗「梶谷米穀店」店主の目利き無農薬玄米を焙煎して作った「米屋珈琲」
名前は珈琲だけど珈琲じゃないよ(笑 ノンカフェインなので苦みがあるドリンクが無性に飲みたい妊婦さんには打って付け~♪
何度も言うけどコーヒーじゃないからね~夜遅く飲んで眠れなくなるって事もないね!

商品の案内

ドリッブタイプ15g 5袋入り
1200円 (送料・税込み)
右側
お買い物はこちらから

ドリップ用粉末タイプ100g
1200円 (送料・税込み)
左側

玄米コーヒーは、直射日光を避けて湿気の少ない涼しいところで保存し、開封後は賞味
期限に関わらず、なるべく2ヶ月以内にお召し上がりください。