■米を研ぐ

「お米を研ぐのに、洗剤を入れて洗っていた…」なんて冗談かと思うような話を聞いたことがあります。 確かに最近は研がずに炊ける無洗米や、電子レンジでチンするだけで食べられる真空パックなど、 便利なものがたくさんありますが、やはり手間をかけて愛情を加えて、ご飯を炊きたいものです。
そもそもなぜ米を研ぐのでしょうか?ごはんを炊く前に米を研ぐ目的はというと、 精米したコメの表面についているぬかやゴミを除き、おいしいごはんを炊くことといえます。 お米の研ぎ方ひとつで美味しさがぐんと変わります。 一度ていねいに研いだご飯の美味しさを試してみませんか。

美味しい炊飯

■まずは米の量り方
米を研ぐ前に、一つ気をつけたいことは『米の量り方』。基本は正確にお米を重さで量ることが、 美味しいごはんを炊くことにつながります。量る分量に毎回誤差があると、 水加減が異なることとなり米の炊き上がりに影響が出てしまうのです!

重量で量らないときは、
① 1合180mlの計量カップを使い、 山盛りに米を詰め入ます(一度軽くゆするとカップにしっかり詰まります)。 180mlは重量で150gになります。
② 箸などを使って、すり切り1杯を量り、 あふれた余分な米を除きます。これで1合となります。

■研ぐ前に
ボールだけを使っての洗米でも問題はありませんが、入れ替えする場合ザルと両方使うと、入れ替えたりするときに手際よくできます。
その場合、ザルの目の小さいのをご用意してください。
注意
米を最初に入れ、その上から水をかけながら水わはるようなことはしていませんか?
米は水に触れた段階から水を吸収し始めます。はった水」わ先に用意してください。
米の研ぎ方(はじめに加える水について)
米は研いでいる間に、たくさんの水を吸水します。まず、ボールに水を溜めて一気に量った米を入れましょう。
軽く2~3度底から混ぜたら、すぐに水を捨ててください (次に研ぐ工程に入るので、水はしっかり切っておくこと!)

米の研ぎ方(手の動かし方)
ほぼ水が切れた状態で、米を研ぎ始めます。『米を研ぐ』といっても、 ボールを握るような手つきで、シャカシャカと20回程度『ボウルの中をかきまわすように』して研ぎます。 力を入れすぎずに、同じ方向にぐるぐるとかき混ぜるわけです。 米が割れるほど力強く研いだり、早く回したりしてはいけません。 合計3回程度の水の入れ替えで、うっすら米が透けて見えるくらいの透明度になるはずです。 この程度の透明度で米の研ぎは終了です。

ポイント1.
手のひらでギュッギュッと力を入れて研ぐこと。これは米が割れる原因に。 最近の米はぬかが少ないためやさしく研げばOK
ポイント2.
ボウルに水を入れたまま研ぐこと。 水があると米同士の摩擦が起きないので、きちんと研ぐことができないのです
ポイント3.
最近の炊飯器では、内釜を使って研いでも大丈夫です! 「内釜のテフロンがはげるから、内釜では研がない!」という声もたまにききますが、 炊飯器メーカーに聞いたところ最近の炊飯器では問題ないとのことでした。
ポイント4.
水が透明になるまですすぎを繰り返すこと。 米の栄養やおいしさも必要以上に溶け出てしまいます! ※逆に3回研ぎ汁を入れ替えても濁りが濃いようなら、 追加で1~2回ほど水を取り替える作業を行ってください!

■お米を洗う時は、是非右回りでかき混ぜでください。
陰陽思想で、宇宙のエネルギーが入り美味しくなるそうです。

炊飯器で炊く

土鍋で炊く

鍋で炊く

ごはん道 家元 かじやのぼる